2021-22 年度 クラブ運営方針

長岡西ロータリークラブに支えられて

長岡西ロータリークラブ
にしかた たいち

会 長 西 方 太 地

 

 

本年度は奉仕活動に力を入れるべく、国際ロータリー シェカール・メータ会長のテーマは、「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」と掲げられました。ロータリーの目的の中には、「奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。」(抜粋)とあります。コロナ禍で、将来が見通せない状況にあるからこそ、「奉仕」を学び、「奉仕」を実践し、そして社会に貢献すること、それこそがロータリアンとしての務めではないでしょうか。

我々ロータリアンが、普段から実践している「職業奉仕」は、最も身近な奉仕と言えます。職業人として地域や社会の模範となり、「職業奉仕」を実践し続けることは、自分自身のみならず周囲の人生にもより良い影響を与えます。それが巡り巡って自己の人生に対しても潤いと豊かさをもたらすものです。

長岡西ロータリークラブは、RI会長のテーマ及び2560地区のガバナー運営方針に沿ってクラブ運営を進めます。我々ロータリアンは、同じ奉仕の心を持ち集まり設立されたクラブです。私たちの1丁目1番地は、やはり「奉仕」にあると言えます。

現在、ロータリークラブにおいて最も重要なものの一つである「親睦」の機会が減っています。長岡西ロータリークラブの神髄は、心と心でつながる「親睦活動」にあります。親睦を深め、今まで以上に居心地が良いクラブとなるように取り組みます。

上記を踏まえ 当クラブでは以下のテーマをもとに、クラブ運営方針を立案実施します。

テーマ : 「これからも、ずっと、長岡西ロータリークラブらしく」

クラブ運営方針   1.奉仕を通じて人生を豊かなものに

          2.親睦力で人生に潤いを

皆様が、長岡西ロータリークラブで築き上げてきた、寛容で和気あいあいとした雰囲気は、どのクラブよりも居心地がよく、温かいクラブであると考えています。皆で楽しく集える長岡西ロータリークラブを、これからもずっと親睦に溢れた場所となるように取り組んで参ります。

私のように、若手であり、まだまだ経験が浅い者に対してもチャンスを与えて頂き、皆様には感謝申し上げます。この職をお預かりさせて頂ける事は、とても光栄なことであり身が引き締まる思いです。不慣れな事も多々あり、ご迷惑をおかけすることもあるかと存じます。1年間という短い期間、皆様からのご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。